■■ 北海道教職員組合【北教組】へようこそ
北教組の紹介 各種声明・談話・見解 プライバシーポリシー 組合員専用

ページトップへ戻る

奨学金
電話教育相談
被災地支援の活動
プライバシーポリシー
アドビPDF

 各学校に「栄養教諭」の配置がすすめられていますが、「栄養教諭」とは栄養士・管理栄養士と何が違うのか。これらの違いを明確に説明できる教職員はそれほど多くはないのでしょうか。第1回目の今回は、栄養職員制度の変遷と「北教組栄養教職員特別委員会」のあゆみをお伝えします。
 栄養士・管理栄養士は病院や保健所・老人ホームや自衛隊など病態を専門とし、特殊な栄養管理を必要とする場を職場として活躍しています。しかし小学校・中学校・しょうがい児学校などの教育現場で働く栄養教諭においては、これらの栄養士・管理栄養士の資格の他、教員の免許も併せ持っていなければなりません。
 2005年に「栄養教諭制度」が始まり、「栄養教諭」の配置がすすめられ、2018年現在、道内には556人(内「学校栄養職員」は107人)の栄養教職員が配置されており、「栄養教諭」の占める割合は毎年増えています。
 北教組は1982年9月27日、第1回学校栄養職員特別委員会を開き、「特別委員会」の発足を正式に確認するとともに、82年度活動方針を決定しました。市町村費負担職員から道職員に身分を切替えた栄養職員の労働条件改善や学校給食改善のために活動をしていくことが決まり、当時22人の組合員でスタートを切りました。

 2012年、「栄養教職員特別委員会」に名称変更され、組織強化・拡大がすすめられてきました。今日まで36年の間、特別委員会として十分な体制がとれない時期もありましたが、現在では決議機関としての「委員会」を開催し、1年間の運動の総括をするとともに新たな運動方針を決定するとりくみを続けています。最も大きな課題は労働条件改善や学校給食改善ですが、栄養教職員が抱える課題はそれだけではありません。さまざまな問題の改善をめざし、年に2回学習会を開いて協議・交流を行っています。

 管理職や地教委・道教委に実態を伝え改善を求めるには、組織化が必要です。少数職種だからこそ、より横のつながりが大切です。
 勤務条件などを改善するにあたって北海道の行政では解決できず、法律を変えなければならないこともあります。そのような問題は、文部科学省に要求しなければなりません。そのため、日教組にも栄養教職員部があります。
 このように全道、全国各地で組織化され、学習会や交流会で学び合い、語り合いながら要求事項をまとめ、行政に伝えているのです。
 全道各地に勤務している栄養教職員一人ひとりの悩みを共有し、勤務条件改善のため、一体となりましょう。北教組に結集しましょう。

日本教職員組合 北海道平和運動フォーラム 連合北海道 教職員共済 北海道労働金庫 学校生活協同組合
All copyrights are the things of hokkyoso.