■■ 北海道教職員組合【北教組】へようこそ

ページトップへ戻る

アドビPDF

 私たちは、平和憲法を守るとともに、「教職員の長時間労働」是正、「子どもの貧困」「教育格差」解消など、すべての子どもにゆたかな教育を保障することを重点課題に、民主教育をすすめる道民連合をはじめ連合・平和運動フォーラムなど民主的諸団体や地域住民・保護者との連携を強化し、「教育を語る全道250万人対話運動」を基盤とした「道民運動」を2001年から18年間展開してきました。一定の成果はあった一方、近年では超勤・多忙化によって、「集会等に参加できない」「同僚と話す余裕もない」「そもそも分会会議が持てない」など、「対話運動」以前に教職員同士が繋がることも厳しい実態が明らかとなっています。それらの課題を踏まえ、実効ある超勤・多忙化解消策を求めるとともに、今一度「対話運動」の意義を確認し、その目標の達成のために組織の総力をあげてとりくむことが重要です。そのため、分会段階からの「対話」を通して組合員相互が学び支え合う自主編成運動をすすめ、組織強化・拡大と一体的にすべての組合員が関わる「道民運動」の再構築することとしました。

 以下に掲載した1988年10月13日発行の職場討議資料と2019年現在、学校現場の課題はどう変わったでしょうか。また、2019年度学校改革・教育課程自主編成委員会主権者小委員会で作成した動画から、どのようなことを感じるでしょうか。ぜひ、隣の教職員と、また、地域や保護者の方と感想を語り合ってください。

日    :2019年5月18日(土)
開催支部 :渡島・檜山支部
参加人数 :組合員・未組織者合わせて54人
概要・形式:北教組学校改革・自主編成推進委員会編「主権者教育」「道徳性の教育」動画視聴

具体的内容
 渡島支部・檜山支部では、5月中旬に「春季 学習と交流のつどい」を合同で開催しています。昨年より教研部会も設定しながら、新採用者や未組織者にも参加をよびかけています。今年度は、夜からの「ようこそ、渡島・檜山へ 歓迎会」への参加をスムーズに促すため、ホテル開催としたほか、つどいの開催時間を遅らせました。

 つどいの全体会として、北教組学校改革・自主編成委員会作成の「主権者教育」と「道徳性の教育」の動画を視聴しました。適度に動画を止めながら、解説を加えるとなお良かったかもしれませんが、時間の都合上、流しっぱなしの視聴としました。多少の退屈さが出ることを懸念していましたが、ポイントをおさえた構成やわかりやすい解説、聞き取りやすいアナウンスなどで、参加者は、動画に引き込まれていました。時間的にも、ちょうど良い設定であったと思います。

<感想の中から>




小学校なので、すでに道徳の実践をやってきたが、教科書についているワークをこなすだけだと、通り一遍の感想や気づきしかなく、広がりはない。未組織の教員は、何も考えずにやっているのだけれど。評価もしなければならず、負担感はおおいにある。


組合の学習会や活動自体も、忙しい時には、大変に感じてしまいますが、こういう機会があると、またがんばれそうです。
今、考えなければならない身近な内容で、来て良かったです。


(なんでもかんでも学校教育で引き受けるのではなく)教育活動に対して、必要か不要か、または長所と短所の規準で選択するようにし、さらには、できる・できない、の判断で考えていってほしい。


最近は、学校でクラスをコントロールすることばかりで、学級づくり・学校づくりの視点が減っているのが気になっている。
現場では、もやもやすることばかりなので、あるべき方向性を打ち出してくれると、すっきりする。

日    :2019年5月22日(水)
開催支部 :十勝支部
参加人数 :組合員・未組織者合わせて114人
概要・形式:「とかち子どもの権利を考えるつどい」
講演:「自分らしくよりよく生きる主権者教育」
講師:本部「学校改革・教育課程自主編成推進委員会」委員長

具体的内容
 十勝支部では、日本が「子どもの権利条約」を批准した5月22日を「とかち子どもの権利を考える日」と位置づけ、①「子どもの権利」を伝える一斉授業、②「とかち子どもの権利を考えるつどい」の開催、を提起しており、今年度で21回目のとりくみとなります。
 今年度は、会場から遠い支会・分会からも参加しやすいように開始時間を30分繰りさげての実施としました。それでも、運動会や体育祭の総練習と日程が重なるということもあり、例年より参加者が減少するかと心配されましたが、今回のつどいには、まだ加入したばかりの青年層組合員や未組織者の参加もあり、これまでの支会・分会の継続的な声かけが成果となって表れていました。

 今年のつどいは、本部「学校改革・教育課程自主編成推進委員会」委員長を講師に迎え、「自分らしくよりよく生きる主権者教育」をテーマにご講演いただきました。
 学校改革委員長からは、「政治的教養の育成」や「選挙制度の理解」にとどまる文科省「主権者教育」の問題点、そして「特別の教科 道徳」の教科書をそのまま教えることの危険性、などについて指摘していただきました。

 また、「主権者」とは、「ある一定の基準を超えた資質や能力を備えたものにあたえられる資格」ではなく、「生まれながら、いや、お腹の中にいるときから誰もが主権者である」ということも説明していただき、参加者からは、「国がすすめようとしている主権者教育が有権者教育になっていること、そこに国民主権が存在しないことが許せない」「『主権者』としてどのように子どもと関わるべきか、もっと私たちは学ばなくてはならないと思いました」といった感想が寄せられました。

 今回のご講演を受け、あらためて十勝支部では、「人間の尊厳」を大切にし、各教科によって「科学的認識」を育て、総合学習や自治的諸活動の場で「自主的判断」を尊重する、そういった「『主権者』を育む学校づくり」をすすめていきたいと考えています。
All copyrights are the things of hokkyoso.