■■ 北海道教職員組合【北教組】へようこそ

ページトップへ戻る

アドビPDF

 文部科学省は、今年4月に2020年より使用する小学校教科書の検定結果を発表しました。申請された教科書164点すべてが合格し、これより来年度から各地域で使用する教科書を決定するために、6月1日から全道24の「採択地区」すべての市町村で、「教科書展示会」が行われます。この展示会では、保護者や地域の方々など、誰でも自由に教科書の見本を手に取ってみることができます。
 私たちは、子どもが平和を希求し、基本的人権の尊重と民主主義を一層発展させる大人に成長していくことを願います。そのために、科学や事実にもとづく、正しい知識を身につけ、考えを深める学びや子どもの側にたった教科書が不可欠です。
 教科書の採択は、「採択地区」ごとに組織される「採択地区協議会」が調査・研究をとおしておこないます。私たちが教科書の採択について意見を述べることができるのは、各市町村で開催される「教科書展示会」だけです。展示会での意見も参考意見として採択地区協議会に届けられます。
 展示会に足を運び、自分の目で教科書を見て、地域の子どもたちにふさわしい教科書採択が行われるよう、積極的にアンケートを書いて、意見箱や投書箱に入れましょう。また、会場にアンケート用紙などがなければ、直接お住まいの教育委員会へ手紙やファックス・メールなどで意見を寄せましょう。皆さんの力でゆたかな教育を実現させましょう!




子どもたちがじっくりと考えることができる内容を扱った教科書を選んでほしいと思います。



一部の考えに偏った教科書は子どもたちの発達に影響を与えてしまうことを十分検討してください。



子どもたちの知的好奇心を揺さぶる内容や、科学・歴史にもとづいた教科書採択を求めます。


教科書を扱う教職員や子ども・保護者の声を反映した採択をのぞみます。
All copyrights are the things of hokkyoso.